仲介料

仲介料とは・・・

お客様が不動産業者(仲介)を通して家などを買ったり売ったりする時に 物件価格とはに 不動産業者に(仲介)支払うお金のことです。
不動産業者は、仲介手数料で運営しています。

仲介手数料は不動産仲介業者から見ると、大きく分けて両手と片手といわれる2つのパターンがあります。

  • 両手とは・・・
    売主様と買主様(お客様)、両方から仲介手数料をもらえる場合です。
  • 片手とは・・・
    売主様から頂けない場合で、売主様と買主様の間に2社以上業者が入る場合です。

一般的に不動産仲介業界では、売主様から不動産の売却窓口となる依頼を受けた場合、その仲介業者自身が買主様の仲介も行うことを優先させようとする傾向が強くあります。

業界内でいう「両手仕事」です。

この場合、仲介業者は売主様・買主様双方の仲介者となるため、仲介業者を「代理人」として見た場合、"利害関係の異なる双方の代理人"となってしまいます。

それでは不動産売買における仲介の仕組みをご説明致します。

宅地建築法により不動産売買に関する手数料は決められております。
現在の宅建法によると物件価格(税抜き)により3段階の手数料の課金が認められております。

  • 物件価格(税抜き) 手数料 合計
    • ①0円~200万円以下 5%×消費税 ①②③の合計金額が仲介手数料の上限
    • ②200万円~400万円 4%×消費税
    • ③400万円~ 3%×消費税
      参考例)
  • 中古マンション5000万円(税抜き)の場合
    • ①0円~200万円以下の手数料 200万円×5%×1.08(消費税)=108,000円
    • ②200万円から400万円の手数料 200万円×4%×1.08(消費税)=86,400円
    • ③400万円~5000万円の手数料 4600万円×3%×1.08(消費税)=1,490,400円
    • ①+②+③=1,684,800円が手数料の上限になります。

1,684,800円がお客様が支払う上限のお金です。

仲介業者が何社入っても同じです。

業者としては両手仕事が一番おいしいですね。

でもお客様から見たら如何でしょうか?

  • 自分の代理人として売主様なら『大切な財産なので、1円でも高く売りたい。』と考えて仲介して欲しいし、その逆で全ての買主様は『1円でも安く買って、お得な買い物をしたい。』と考えるのではないでしょうか。
  • 金額だけの事ではありません。
  • 今まで法人間の仲介を主にしてきた中で、個人間の取引の相談を受けて来ました。
  • その中で思ったのが、利害関係の異なる双方には各々仲介者がつくべきだと言う事です
    アメリカでは双方代理が法律で禁止されています。

日本でも議論がされているそうです。

有限会社中田コーポレーションでは、完全にお客様の目線の仲介をしていけるように、相手方がプロである場合を除き、原則双方の代理はいたしません

  • 物件価格が適正かどうか、判断します
  • 取引の事例に基づいた価格交渉をいたします
  • 契約関係書類のチェックをいたします。

a:561 t:1 y:0